招待・ゲスト

ホーム > 招待・ゲスト

招待選手(男子)

井上 大仁

井上 大仁 Hiroto Inoue【フルマラソン出場予定】
(三菱日立パワーシステムズ)

ロンドン世界陸上2017 マラソン日本代表
出身 鎮西学院→山梨学院大学→三菱日立パワーシステムズ(MHPS)
生年月日 1993年1月6日
身長/体重 165cm/51kg O型
記 録 1500m:3′49″36
5000m:13′42″72
10000m:28′12″96(長崎県記録)
ハーフマラソン:1:01′39″
マラソン:2:08′22″

細森 大輔

細森 大輔 Daisuke Hosomori【フルマラソン出場予定】
(YKK)

出身地 富山県
出身校 國學院大学
生年月日 1994年5月5日
血液型 A型
自己ベスト 5000m:14′14″57 (2016.4.2)
10000m:29′07″20 (2016.11.26)
ハーフマラソン:1:03′08″ (2016.2.7)

招待選手(女子)

小崎まり

小﨑 まり Mari Ozaki【フルマラソン出場予定】
(ノーリツ)

出身 招堤中(大阪)→宇治高(京都)→大阪短大→ノーリツ
生年月日 1975年7月16日
出身地 大阪府
身長/体重 162cm/46kg
自己ベスト 5000m:15′12″76(2003.6 日本選手権)
10000m:31′34″15(2005.4 兵庫リレーカーニバル)
マラソン:2:23′30″(2003.1 大阪国際女子マラソン)

野尻あずさ

野尻 あずさ Azusa Nojiri【フルマラソン出場予定】
(特定非営利活動法人笑顔スポーツ学園)

生年月日 1982年6月6日
出身地 富山県
小学校3年生頃から、からだを動かすことに興味を持ち、積極的にスポーツに取り組むようになる。 県内のマラソン大会で入賞したことをきっかけに、中学では陸上競技部に入部したが、冬期練習として始めたクロスカントリースキーに魅了され、スキー部へ転部、それから13年間スキー競技に打ち込んだ。スキー競技では国体優勝、インカレ優勝、ユニバーシアード、ワールドカップ日本代表として活躍し、2006年トリノ五輪を目指して活動していたが一線を退いた。 2008年の転機で陸上競技へ転向、実業団チームで活動しはじめ、2010年世界ハーフマラソン、2011年世界陸上(テグ大会)に日本代表として出場した。その後、実業団を離れプロランナーとして独自の練習で2016年リオデジャネイロ五輪出場を目指したが、残念ながら夢叶わず。現在は特定非営利活動法人笑顔スポーツ学園所属アスリートとして競技を続けながら、笑顔スポーツ学園ランニングクラブを立ち上げ監督として指導者の道も歩み始めた。
主な戦歴(スキー)
2003年 冬季ユニバーシアード日本代表
2004年 インカレ(大学選手権)優勝
2005年 冬季ユニバーシアード日本代表
2006年 国民体育大会優勝
主な戦歴(陸上)
2010年 大阪国際女子マラソン8位
世界ハーフマラソン日本代表
2011年 世界陸上(韓国・大邱)マラソン日本代表
2012年 大阪国際女子マラソン3位
2013年 横浜国際女子マラソン2位
2014年 北海道マラソン優勝
2015年 富山マラソン優勝

ゲストランナー

千葉 真子

千葉 真子 Masako Chiba【ファンラン・親子ペアラン出場予定】

長距離の名門・旭化成に入社、才能が開花する。10000mの選手としてアトランタ五輪で5位入賞、世界選手権で銅メダル(日本女子トラック長距離種目初)を獲得するなど国際舞台で活躍した。マラソン転向後はけがに苦渋し、新天地での再挑戦を決断。
小出義雄氏に師事した。2度目の世界選手権はマラソンに出場し、銅メダルに輝く。第一線を退いた後は、ゲストランナーとして全国のマラソン大会に出演する他、「千葉真子BEST SMILE ランニングクラブ」を立ち上げ、市民ランナーの指導や普及活動も積極的に行っている。
1995年-1997年 10000m時代(自己ベスト31分20秒46 歴代9位)
アトランタ五輪(5位入賞)
世界陸上1997(銅メダル)
日本陸上選手権(3位)
1997年-2006年 マラソン時代(2時間21分45秒 歴代4位)
世界陸上2003(銅メダル)
シカゴマラソン2009(3位)
東京国際女子マラソン(’99年5位【初マラソン】’04年4位入賞)
北海道マラソン優勝3回(’01年 ’04年 ’05年【大会記録更新】)
2006年 現役引退(ラストラン:北海道マラソン)

ランナー

LiLiCo

LiLiCo【フルマラソン出場予定】

映画コメンテーター
1970年スウェーデン・ストックホルム生まれ。18歳で来日、1989年から芸能活動スタート。 TBS「王様のブランチ」に映画コメンテーターとして出演、フジテレビ「ノンストップ!」 「魔女に言われたい夜」など、出演番組も多数。 ラジオやイベントにも出演するほか、アニメの声優やナレーション、女優などマルチに活躍する映画コメンテーター。

2015年6月から仙台放送「仙臺いろは増刊号」にレギュラー出演。
また、2年前からランニングをスタート。
2017年2月には初のフルマラソンに挑戦。6時間3分で完走。

鳥居みゆき

鳥居みゆき【フルマラソン出場予定】

芸人・タレント
1981年生まれ。秋田県出身。
BSフジ「東北魂TV」などのバラエティ番組やライブで活躍するほか、「アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!」「蠱毒ミートボールマシン」「全員死刑」などドラマ・映画にも多数出演。著書には「夜にはずっと深い夜を」「余った傘はありません」がある。

トミドコロ

トミドコロ【フルマラソン出場予定】

芸人・タレント
1982年生まれ。千葉県出身。特技は体を動かすこと。
BSフジ「東北魂TV」などバラエティ番組で活躍中。

ゲスト

復興マラソン応援団

復興マラソン応援団

「東北魂TV」 BSフジ 毎週日曜日 23時~23時30分 放送中
サンドウィッチマン、マギー審司、鳥居みゆき、トミドコロ出演
笑いで日本を元気にする!を合言葉に東北出身のお笑い芸人が集結!

解説

藤田信之

藤田信之 Nobuyuki Fujita

陸上競技指導者「F・R・A 藤田ランニングアカデミー」監督
出身地 京都府
出身校 洛北高校
1959年 日本レイヨン(株)【現ユニチカ】に入社
1986年退社
1986年 (株)ワコール入社
6月に創部したワコール女子陸上競技部の初代監督に就任
1998年10月同社を退職
1999年2月 グローバリー(株)入社
同年3月に創部したグローバリー女子陸上競技部の初代監督に就任
2005年11月同社を退職
2005年12月 シスメックス株式会社入社
同年12月に創部したシスメックス女子陸上競技部の初代監督に就任、現在に至る
指導歴は1968年から、この間400mからマラソンに亘る中・長距離16種目(Jr含む)で日本記録を更新させると共に、国際大会や国内主要大会で活躍する日本の第一線級選手を順次輩出してきた。
また率いるチーム成績も全日本実業団対抗陸上競技選手権大会での女子総合優勝4回、全日本実業団対抗女子駅伝では史上初の4連覇(’89~’92)を含む5回の優勝に導く他、全国都道府県対抗女子駅伝京都府チームの監督としても、大会史上初の4連覇(第6回~9回)を達成している。
真木和選手、野口みずき選手など多くの選手を指導・育成。
また、オリンピック及び世界選手権を含む、主要国際大会や国内大会での女子チームの監督コーチ等も歴任。

有森裕子

有森裕子 Yuko Arimori

元マラソン選手
1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。
2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』でプロマラソンランナーを引退。
1998年NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」(現 株式会社RIGHTS. )設立、取締役就任。国際オリンピック委員会(IOC)スポーツと活動的社会委員会委員。スペシャルオリンピックス日本理事長、日本プロサッカーリーグ理事。他これまで、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、日本陸上競技連盟理事、国連人口基金親善大使、笹川スポーツ財団評議員、社会貢献支援財団評議員等の要職歴任。
2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、カンボジア王国ノロドム・シハモニ国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。
1990年 大阪国際女子マラソン 6位 2時間32分51秒(初マラソン日本最高記録)
1991年 大阪国際女子マラソン 2位 2時間28分01秒(日本最高記録)
世界陸上選手権女子マラソン 4位 2時間31分08秒
1992年 バルセロナ五輪女子マラソン 2位 2時間32分49秒
1995年 北海道マラソン 女子優勝 2時間29分17秒(大会新記録)
1996年 アトランタ五輪女子マラソン 3位 2時間28分39秒
1999年 ボストンマラソン 3位 2時間26分39秒(自己ベスト)
2001年 東京国際女子マラソン 10位 2時間31分00秒
2007年 東京マラソン2007 5位 2時間52分45秒

 ◎自己ベスト2時間26分39秒(ボストンマラソン 1999年4月19日)