BACK TO THE HOMETOWN(スペシャルエイドステーション)

ホーム > BACK TO THE HOMETOWN

東北・みやぎ復興マラソン2017」は、コース全域が東日本大震災の浸水域です。
かつてそこには多くの集落が存在し、地域の方々が生活を営んでいました。
しかし・・・・・・

現在、そのほとんどが「居住困難区域」に指定されています。
生存された方々は、故郷を失い、近隣や遠方への転居を余儀なくされています。
故郷を突然亡くしてしまった想い・・・・・計り知れない喪失感と説明し難い郷愁。
それこそが、人々の心の中に震災が残したもっとも大きな傷のひとつです。

そこで私たちは、フルマラソン開催日の2017年10月1日に
「当時の集落を復活させたい」と考えています。

集落の名前を冠した「エイドステーション」として

以前住んでおられた人々が、再びその地に戻り地域に伝わる給食等を振舞います。
想い出の写真や映像が掲出され、伝統芸能が蘇ります。
被災時に助けて下さった多くのボランティアや救援隊も戻ってきてくれるかも・・・・・

2017年10月1日
故郷は住民とランナーと触れ合うすべての人々の心の中に蘇ります、

「BACK TO THE HOMETOWN」として。

何もかもが無くなってしまった場所を走る「東北・みやぎ復興マラソン」だからこそ
「故郷への想いの中を駆け抜けていってほしい」という強い願いが込められた場所です。

設置エリアのご紹介

名取市

赤貝の水揚げで有名な閖上港や仙台国際空港を有する名取市も津波による甚大な被害を受けた場所。とれたての海の幸や全国的に大ブームの「せり鍋」が名物です。
元住民の方やゆりあげ港朝市の方々が集います。

岩沼市

岩沼市は津波により沿岸部全域を含め市域の約48%が浸水する大きな被害を受けました。岩沼のご当地グルメ「岩沼とんちゃん」はスタミナ抜群の豚のホルモン焼き。いまは離れた地域に暮らす元住民の方々が笑顔とともにランナーに元気を贈ります。

亘理町

町面積の約半分が浸水被害を受けた亘理町。「はらこ飯」は”農山漁村の郷土料理百選”にも選ばれた9月下旬~12月限定の超人気グルメです。
震災を乗り越え復活した荒浜地区の笑顔がランナーをパワーアップさせてくれます。